籃胎漆器(らんたいしっき)

井上籃胎漆器(株)
〒830-0045 久留米市小頭町6-23

久留米に息づく竹と漆の逸品
籃胎とは、『竹かごを胎む』の意味。その名のとおり、竹で編んだ器に漆をかけ、きれいに磨きあげたものです。深みのある光沢、気品ただよう色調。しかも丈夫で使いやすく実用性にすぐれており、近年では若い人々のファンが増えてきています。真竹をヒゴにして編み、砥粉などで編目を埋めて、漆をかけること七、八回。入念な作りを経て、様々な器ができあがります。最近では、食事やティータイムをいっそう楽しく演出するトレー類も製作しています。

【籃胎漆器】アジロ緑亀甲丸盆
【籃胎漆器】アジロ緑亀甲丸盆
表面は亀甲編み、フチと裏面はアジロ編みで生地を作り、朱と黒を何層にも塗り重ね、花模様を研出しました。
【籃胎漆器】もてなし盆
【籃胎漆器】もてなし盆
伝統の籃胎漆器を、お盆とランチョンマットの機能を兼ね備えながら、シンプル&モダンテイストに仕上げました。

主な販売店舗

井上らんたい漆器 本店
福岡県久留米市小頭町6−23
0942-39-5454

| Index |