博多曲物

博多曲物玉樹
〒811-2232 糟屋郡志免町別府西2-2-16

伝統を継承する匠の技
曲物とは、薄くした樹木を丸く曲げて形を作り、底をつけた容器のこと。筥崎宮の祭具として使われ、神社近辺の馬出では盛んに作られました。
博多曲物の代表作は、脚つきの四角いお膳のポッポ膳。松竹梅と鶴亀を描いた祝い膳で、七五三のお祝いに子供たちの健やかな成長を願って使われています。そのほかにも、茶道具・飯びつ・すし桶など日用品も数多く作られています。

| Index |